【インタビューTOPへ】


色えんぴつメンバー続々活躍中です!
河崎実監督の新作映画☆
5/23発売のDVD「地球防衛未亡人」ぜひ皆さんもお手にとってご覧くだされm(__)m


さあお待ちかねのインタビュー企画第六弾!!
この色えんぴつでは最近色々とマルチに活躍してくれてる拓磨くんに今回はズームインじゃ
(^.^)♪



氏名:
生年月日:
身長:
体重:
出身地:
血液型:
趣味:
略歴:


 拓磨(たくま)
 1991年1月2日
 176.8cm
 60kg
 宮崎県
 O型
 ゲーム、TRPG、家での映画鑑賞
 日本工学院(CAD設計科)卒業後、
 数年の社会人経験を経て2012年~色えんぴつに参加。


質問:
拓磨くんご登場お久しぶりです!(^^)
過去、仲沙都ブログにイケメン写真のメンバーの一人として初登場してからしばらく経ちますが、
拓磨くんはずっと色えんぴつのレッスンに通ってて今まで何か変化とかはありましたか?

拓磨:
 本当にお久しぶりです。
イケメンなんて恐れ多い・・・自分がイケメンだったら世の中イケメンだらけになってしまいます(震え声)
顔つき然り、感性然り、気づいていないだけで恐らくいろいろな部分が変わっていると思います。
一番変わったと実感しているのは・・・やはり、人の見方かなと思います。
色えんぴつは変人の巣窟(褒め言葉)なので、「あぁ、こういう考え方の人もいるんだなぁ」と感じる機会が山のようにありました。
業界が業界ですし、そこを目指す人間が集まるので見ていて飽きません。
まぁ、多分自分も他人から見たら変人なんでしょうけども・・・。

拓磨くん




















質問:
すでに先月発表されたドラマCD第一弾の作品「山田空を飛ぶ」にも出演されましたが出演した感想はありますか?

拓磨:
 隠さずに本心言っちゃうと、「失敗したなぁ」という印象です。
マイク前に立って緊張から感覚が麻痺してたような覚えがあります。
出来上がったのを聞いてみたら案の定でした・・・。
ですが、何ごとも経験といいますし、何よりもこれを仕事にしたいので
数をこなして慣れるのに尽力しようと思います。


質問:
それから拓磨くんは「魔王様と鬼ごっこ」にて攻撃音のスペシャルアドバイザーとしても編集に参加してマルチな才能を最近は発揮してますが自分でどう思ってますか?

拓磨:
 マルチな才能なんてそんな(笑)
妄想を垂れ流しているだけです(真顔)
昔からお話だとか設定だとか、色々妄想するのが好きだったのでその頃の名残です。
昔一度、ゲーム会社にシナリオ書いて送りましたが、すぐにお断り通知が来てしまいましたし、そんな程度です。

拓磨くん

質問:
将来はどのような俳優になりたいですか?

拓磨:
 そうですね。
ありきたりですが、ナンバーワンではなく、オンリーワンな俳優になりたいですね。
ドラマでも、アニメでも、ゲームでも、モデルでも、吹き替えでも、
出来るコトなら何でもしてみたいです。
・・・俳優というよりは演者かな?
ちょっと臭いセリフですが、自分はドコまで出来るのかを知りたいかなぁと思います。
欲を言えば、是非やってみたい役とかは沢山あります。
例えば、某特撮で変身だとか・・・!


質問:
まだ正式発表は出来ませんが、
拓磨くんは年末に舞台に出演するキャスティングを最近されましたよね☆
おめでとうございました!!正直な感想はありましたか?

拓磨:
 「え?・・・あ、うん・・・・・ファ!?」という感じでした。
何を言ってるんだコイツはと思ってもらって結構です。
自分も自身に対して思ってます、ナニ言ってんだコイツ。
ですが、役を頂いたからには全力で取り組むのみ。
年末になりますが、それまでに少しでも自分の欠点を埋めていきたいトコロです。
・・・周りに比べ、演技歴が極僅かなので尚更です。


拓磨くん















質問:
そしてまだチャンスを掴めてない人に向けて色えんぴつでは少しだけ先輩である拓磨くんからアドバイスなどありましたらコメント下さい。

拓磨:
 正直・・・自分もまだまだなので何か言えるような立場ではないような気がします・・・。
ですが、あえて言うならやりたいと思った事、楽しいと思った事はとにかくやってみる事が重要だと思います。
悩んだり考えたりもしますが、時間の無駄です。とりあえずやってみて、後から考えてみる。
それが一番とは言いませんが、後悔が少ないのも確かだと思います。


いや~初めて拓磨くんに会った時はこんなに熱い男とは思いませんでしたね。
人は本気になると目付きも行動も変わります。
今後楽しみなメンバーの一人です!(^^)

まだまだ今後も紹介したいメンバーがたくさんいますので、インタビュー企画を楽しみにしてて下さいませm(__)m

次は君だ!!!





【インタビューTOPへ】